関西人の正体―コテコテの大阪が薄味を好むわけ |井上 章一

関西人の正体―コテコテの大阪が薄味を好むわけ関西人の正体―コテコテの大阪が薄味を好むわけ
井上 章一
小学館 刊
発売日 1995-07




逆に、関西人が読むべき本 2005-02-08
 まあ関西人にたくさんある迷信を、関西人である著者が、丹念に、しっかりした根拠をもって反駁していきますですよ。
 関西人に対しての迷信ってのは、関西人じしんがより強く持っているものなので、そういうバカ関西人はぜひ読んでいただきたいなあと思います。文庫で。
 あ、俺も関西人ですよ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


ビーズfriend (Vol.3(2004summer))

ビーズfriend (Vol.3(2004summer))

ブティック社 刊
発売日 2004-05




値段は安いのですけど 2004-06-24
写真の掲載も多く楽しめます。
ただ、参考作品ばかりが目立ち、作り方は以外に掲載されていないかな。といった感じです。
ビーズショップや広告等もたくさん掲載されていますし、
特集記事も色々あり、掲載されている点数は多い、
しかもお値段も手ごろなので、読んで損は無いと思う一品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


デニムに恋してる。―Hand made caf〓

デニムに恋してる。―Hand made caf〓デニムに恋してる。―Hand made caf〓

主婦と生活社 刊
発売日 2005-10




買ってみました。作っています。 2006-06-19
ジーンズのリメイクの本です。本屋さんで何度か立ち読みして、新鮮な感じがしたので買ってみました。

リメイク自体は、本があっても意外と大変でした。さあ何を作ろうか、どこをどう生かそうか・・・とデザインを考える時間が長いし、うまく仕上がるかどうかはセンス次第。縫い目をほどくのも面倒です。(でも友達はこれが快感だって言ってました)

けれど、リメイクといっても無理な感じや貧乏くささはなく、おしゃれで、実際に使えるものがほとんど。その点がこの本のいいところだなーと思いました。それを職業にしている方も何人か登場していて興味深かったです。

私は職業用ミシンしか持っていないので、裏地つきのグラニーバッグを作りましたが、はまりました。ほどよい大きさでとてもかわいい形なんです。以来、友達から古着のジーンズを何本か譲ってもらい、試行錯誤であれこれ挑戦中です。♪


さらに詳しい情報はコチラ≫


ビューティ・デニムスタイル (Vol.1)

ビューティ・デニムスタイル (Vol.1)ビューティ・デニムスタイル (Vol.1)

〓出版社 刊
発売日 2005-09




オシャレ度アップ! 2005-11-19
デニムは合わせやすく穿きやすい。

今はいろんな種類のデニムがありますが合わせ方がわからないってことありませんか?

着かた次第ではイメージが変わります。

つい雑誌をめくってしまうんですよね。

足の短い私にはあまり参考にはなりませんが色使いなど部分的に取り入れてます。

迷わず雑誌を!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。